コスメティックスの成分としてのシソエキスについて

シソは古くから現在にいたるまで、食材としても広く認知され、独特の芳香と色合いから、大変重宝されています。

炎症を抑えたり、酸化を防止する効果から、クスリの成分としても使用されていました。

これを液状にして使いやすくしているものがシソエキスです。

コスメティックスの成分としてはこの炎症を抑えることから、肌のキメを整え、乾燥した肌を保護する役割で含有されています。

また美白の効果や酸化を抑える効果は、アンチエイジングのコスメティックスにも有効です。
スキンケアコスメティックスに使われているのをよく目にすることでしょう。
しかしこれは今に始まったことではなく、昔から民間療法的に絞り汁などをキズに塗ったり、手荒れや毎日のお肌のお手入れに使っていたのですから、目新しいものではありません。
それだけ安心して使える成分として、自然派のコスメティックスに使用されています。
近年では抗アレルギー作用も認められ、敏感肌やアトピー肌の製品にも含まれることが多くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>