タグ別アーカイブ: コンシーラー

スティック式のコンシーラーコスメティックスはピンポイントで使えます

コスメティックスの中でもタイプが多いのがコンシーラーです。

コンシーラーにはスティックタイプがあります。

口紅のような形になっているのが特徴なのですが、自分の気になる部分にピンポイントで使えるのが特徴なのです。

また他のタイプのコスメティックスとは違い、手で直接触らなくていいですので手が汚れないというメリットもあります。

ピンポイントで使えるということもあり、コストパフォーマンスも良くなります。

用途としては目立つくまがある場合、そしてしみやそばかすなどがある場合に使えます。

これを塗った後でファンデーションを使えば殆ど塗ったことがわかりません。

ただ隠す部分が多い場合には他のタイプを使ってください。

スティックタイプのコスメティックスですと塗るのに時間がかかってしまいます。

スティックタイプのコンシーラーコスメティックスは色も取りそろえられていますので自分のお肌の色に近いものを選んでみてください。

そうすればより目立たなくなります。

眉毛をコスメティックスのコンシーラーを使って一度消してから描く

普段使う使い方とは違う方法でコスメティックスを使う事でより魅力的なメイクをすることができます。

コスメティックスのコンシーラーはシミやクマなどを隠すために使われますが、いろいろな使い道があります。

眉毛をかくときに不要な部分を電気シェーバーでカットしているひとが多いですが、さらにコンシーラーを使う事でより魅力的な眉毛を作る事ができるのです。

かくときに自分の眉毛が見えてしまってはその通りに描くしかありません。

そこをコンシーラーを使って一度綺麗に消すことで新しく一から描くことができるのです。

肌と同じ色を使うことで周りの肌と同じ色にすることができ、自由な形を描くことができます。

顔を見たときに一番印象を左右する部分です。自分の思い通りに描くことがでればより魅力的なメイクをすることができるのです。

コスメティックスには正しい使い方というのはありません。

目的に合わせてコスメティックスを使う事で使い道が広がり、より魅力的な自分を表現することができるのです。

コスメティックスの基本 リップブラシでコンシーラーを使いこなす

コンシーラーは美しい素肌作りに欠かせないコスメティックスですが、使い方には多少のコツが必要です。

肌の隠したいトラブルにピンポイントで使うためにも直塗りできるチップ付きのコンシーラーは便利です。

でももしチップがついていないチューブタイプなどでも活用できるコスメティックス小物があります。

それはリップブラシです。
クマやシミ、そばかすはもちろんちょっとした色ムラや赤みにも筆先でスポットを抑えるようにおいていき、あとは指先で叩き込むようになじませるだけです。

また口角のくすみを隠すにも、リップラインの外側に沿わせるようにおいていき同様になじませます。
このようにリップブラシのよいところは、小回りがきくところです。

また筆先がプッシュアップタイプややくり出しタイプが多く筆先が隠せるので、周りのコスメティックスを汚さずにコンパクトに収納できるところも魅力です。

ポーチに入れておくことで出先でのメイク直しもはかどりますね。

コスメティックス小物のちょっとした活用法をぜひ試してみてください。

トーンアップのためのコスメティックスとしてのコンシーラーの使い方

美白は多くの女性の願いです。

多種類の美白コスメティックスを使い、ベースメークでも色白に見えるお肌作りに苦心している女性が多いでしょう。

ですが間違ったベースメークコスメティックスの使い方をしていることはないでしょうか。

顔全体を均一にトーンアップしてしまうとのっぺりとして顔が大きく見えてしまう欠点があります。

また元の肌の色とかけ離れた色や厚塗りをすると白浮きして不自然な仕上がりになってしまいます。

自然なトーンアップのポイントはメリハリをつけたカラーコントロールコスメティックスの使い方をすることです。

目元のクマをコンシーラーで隠すだけでも顔全体が一回り明るくなります。

さらに元々の顔の凹凸を活かし、顔の高い部分であるTゾーンにはハイライトをいれます。

またフェイスラインであるUゾーンにはコンシーラーを多く使わないようにすることで自然な立体感が保てます。

顔全体のトーンアップとしてコンシーラーなどのカラーコントロールコスメティックスを使いたい時にも必ず薄付きにするということを守りましょう。

これらのポイントを抑えてワンランクアップしたお肌作りを楽しみましょう。

コスメティックスのコンシーラーの明るさについて案内します

コスメティックスは女性がきれいになるための道具です。

コスメティックスの中のひとつになるコンシーラーは、シミやソバカス・くすみ・目の下のクマを隠すことができるスポットタイプのファンデーションになります。

コスメティックスはいろいろな種類がありますが、明るさや色選びは重要になります。

コンシーラーの選び方は、シミやソバカスを隠したい時には、ファンデーションと同色かもしくは少しダークな色を選ぶと良いです。

目の下のクマを隠したい時は、色素沈着などで起こっている茶クマの場合には、イエロー系を選ぶと良いです。寝不足や疲労などで起こっている血行不良が原因の青クマは、オレンジ系を選ぶと良いです。

くすみを隠したい時のコンシーラーは、パール系やハイライト効果があるものを選ぶと良いです。

厚塗りにならないように塗ることがポイントになります。

コスメティックスを購入するときは、試供品などを試してから購入すると失敗が無く済みます。